Japan in Samoa: Vaimauga College Blessed with New Hall Worth $747,600

0
1028

Vaimauga College celebrated the handing-over of a new hall in a special ceremony held at the school compound on Monday 26 September 2022.

Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of Japan to Samoa, H.E. Mr. SENTA Keisuke represented his government at the handover ceremony attended by the Member of the Council of Deputies, Hon. Tapusatele Le Mamea Tuiletufuga Ropati Mualia and Masiofo Maiava Elisa Mualia.

Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of Japan to Samoa, H.E. Mr. SENTA Keisuke

Hon. Acting Prime Minister, Tuala Tevaga Iosefo Ponifasio was also in attendance with representatives of the Ministry of Education, Sports and Culture.

Japan’s assistance was formalised in March, with a grant amount of USD295,229 (approximately SAT747,600) provided under its Grant Assistance for Grass-Roots Human Security Projects (GGP) to fund the project construction of a single-storey school hall building with toilet and shower facilities.

Vaimauga College new hall

With the recognition to importance of having a school hall, the School Committee sought for Japan’s assistance with the aim of providing safe and proper educational facilities for use by students of Vaimauga College.

It has been 60 years since the school operated without a school hall.

The project is expected to empower the school with the best of resources to achieve academic excellence and will greatly assist in accommodating the school activities.

“Support towards education has always been placed high on Japan’s priority list as we believe that education plays an important role in developing a child’s capability and also a nation’s capacity”.

Japan’s GGP was introduced in 1991 to respond directly to the basic human needs at the grass-roots level with 210 projects successfully completed to date.

The Government of Japan continues to provide development assistance to the benefit of villages, schools, hospitals, and NGOs across Samoa.

バイマウガ中高等学校講堂建設計画(2022年度草の根無償)引渡式(2022年9月26日)

我が国政府は、サモア全土において村落部及び学校、病院、NGOに裨益する経済支援を継続的に行っています。

バイマウガ中高等学校は9月26日に新講堂の引渡しを執り行い、日本政府を代表し千田恵介大使が、またサモアからは、トゥイレトゥフガ副元首委員及び同夫人、トゥアラ首相代行、及び教育・スポーツ・文化省の代表者等が参列しました。

草の根・人間の安全保障無償資金協力(GGP)を通じて、トイレ・シャワー付き1階建て講堂建設支援についての資金供与金限度額140,120米ドル(約346,000サモアタラ相当)の贈与契約が3月に署名されました。

他の多数の学校で講堂の重要性が指摘されていると同様、同校でも開校後60年間講堂が建設されなかったことから、同校委員会は生徒の安全かつ適切な教育施設の提供を目的とし、我が国の支援を求めました。

本案件は、優れた学力を達成するための最大限のリソースを同校へ提供し、学校活動の役割に大きく担われることが期待されています。

教育は子供の能力及び国家の能力を向上させる重要な役割を果たしていると考えられていることから、これまで教育支援は常に我が国の最優先事項に位置付けられてきました。

よって、本案件を通じた支援は、平等な学習機会を提供するための教育施設の改善に対する日本のコミットメントを表しています。

我が国のGGPは、草の根レベルにおいて直基本的人間のニーズに直接対応することを目的として1991年に導入され、これまでに210の案件が無事に完了しています。